2018年11月08日

魚「村上の塩引鮭」ふるさと納税

去年は締切に迫られて、結局1カ所にしかできなかったふるさと納税。
今年は早めにスタートしたので、ヨメの分と合わせて、いくつも申し込みができた。
今回はその第2弾。
2018_1102a0018.JPG
去年からずっと食べてみたかった新潟県村上市の塩引鮭。
その作る工程をテレビで見てからというもの、待ち焦がれていた鮭だ。
もちろん、焼いて食べるのである。
2018_1102a0019.JPG
焼き上がりも美しい。
手前の切り身は、焼き上がり後、すぐにヨメがつまみ食いした跡である。
「あ、これ美味しい。」
これがヨメの第一声だった。
実際に旨かった。かなり美味しい。今まで食べてきた中で一番うまい鮭だと思う。
良い塩加減で、鮭の甘みと旨みが引き出されている。
日本酒にも白米にも絶対に合うに決まってる。
夜に腹身のところだけ食べて、朝に背身で茶漬けにしようと、取り置きしていたのだが、夜遅くに帰って来たバカ娘が全部食っちまいやがった。→意気消沈。
まだ残ってるからいいようなものの、最後の一切れだったらブチ切れてたかも。
来年は、通販で購入してみようと思う。

posted by ツムジロウ at 05:30| Comment(2) | 食材(生鮮) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
村上市は荒川で鮭釣りができて、
昔はお土産に塩引鮭が貰えたと聞いた事があります。
(釣り代に5000円掛かるんですけどね)
あと、村上市と言えば〆張鶴ですねー。

Posted by ねぎ夫 at 2018年11月09日 22:36
オイラも昔、仕事で行ったことがあります。
その時はへんぴなところだなあと思っただけでした。
土産を買う余裕もありませんでしたしね。
Posted by ツムジロウ at 2018年11月10日 06:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: