2019年07月19日

駅弁「八戸横綱鯖」

そして東京出張の帰りは新幹線内の駅弁。
2019_0718a0007.JPG
タイトルがたくさんあり過ぎて、どれがメインなのかわからない。
吉田屋の八戸小唄寿司という種類の八戸横綱という商品名のうちの鯖なんだろう。

これにはパケにもあるように、2019_0718a0008.JPG
バチがついている。これで適当な大きさにカットするのがいいらしい。
2019_0718a0009.JPG 中の様子
綺麗に並んでいる。
ばちを使わずに箸で食べる。まずはそのままで。
一口目、すっと酢の香りと鯖の脂が口に広がる。
二口目、鯖の旨味が味わえる。
三口目、酢の効き具合がやや強いなと思う。
これは7月の梅雨時だから仕方がないのかも。冬季なら、もう少しましかも。

半分を過ぎたところで醤油をかけながら食べると、味変になるから楽しみも倍増する。
普通に美味しかったと思う。
時折箸休めに甘酢生姜や菊の添え物がついているのはいいことだ。
昼が肉だったので、夜は魚がいいと思っていたこともあり、いい駅弁タイムになりました。

posted by ツムジロウ at 06:46| Comment(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: